Zabbix3のアプライアンス版を入れてみました&自動登録を試してみました | no news.

Zabbix3のアプライアンス版を入れてみました&自動登録を試してみました

はじめに

まあ、先日の大惨事がありましたので取り急ぎ監視ツールを入れることにしました。普通にインストールするのもアレなので、アプライアンス版を使ってみました。

インストール

スポンサーリンク
レクタングル大

サーバー

イメージは下記URLよりZabbix 3.0 LTSの「KVM, QEMU (.qcow2)」をダウンロード後、解凍しました。

dl

アプライアンスなのでインストールもクソもなく、下記コマンドで建てました。

virt-install --connect qemu:///system -n ubuntu-14.04.zabbixserver2 -r 4096 --disk /var/local/vm/ubuntu/zabbix_appliance_3.0.2_x.qcow2,format=qcow2 --import  --graphics vnc,port=6009,listen=0.0.0.0 --os-type linux

そしてvncでkvmホスト(192.168.89.23):6009に接続します。

QS_20160501-171836

画面ぐちゃぐちゃですが、理想はこちらです。現実は(というかvnc経由では?)下記となります。

QS_20160501-171525

そしてログイン画面。公式サイトによると

ユーザー:appliance
パスワード:zabbix

とのことなので、これでログインします。ログインして確認したところ、IPアドレスは192.168.89.47でした。これがzabbixサーバーのIPアドレスになります。

QS_20160501-171531

自動登録の設定

クライアント側での設定

まずはエージェントのインストール。今回はubuntuに入れてみます。こちら参照。まずはリポジトリの追加。

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_3.0-1+trusty_all.deb
--2016-05-05 14:29:41--  http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_3.0-1+trusty_all.deb
repo.zabbix.com (repo.zabbix.com) をDNSに問いあわせています... 87.110.183.174
repo.zabbix.com (repo.zabbix.com)|87.110.183.174|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 2694 (2.6K) [application/x-debian-package]
zabbix-release_3.0-1+trusty_all.deb' に保存中

100%[==========================================================================>] 2,694       --.-K/s   時間 0s    

2016-05-05 14:29:42 (95.7 MB/s) - zabbix-release_3.0-1+trusty_all.deb' へ保存完了 [2694/2694]

# dpkg -i zabbix-release_3.0-1+trusty_all.deb 
以前に未選択のパッケージ zabbix-release を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 86052 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
zabbix-release_3.0-1+trusty_all.deb を展開する準備をしています ...
zabbix-release (3.0-1+trusty) を展開しています...
zabbix-release (3.0-1+trusty) を設定しています ...
# apt-get update
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
#

今回はエージェントのみインストール。

# apt-get install zabbix-agent
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  zabbix-agent
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 120 個。
151 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 469 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/ubuntu/ trusty/main zabbix-agent amd64 1:3.0.2-1+trusty [151 kB]
151 kB を 3秒 で取得しました (43.7 kB/s)
以前に未選択のパッケージ zabbix-agent を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 86058 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
.../zabbix-agent_1%3a3.0.2-1+trusty_amd64.deb を展開する準備をしています ...
zabbix-agent (1:3.0.2-1+trusty) を展開しています...
ureadahead (0.100.0-16) のトリガを処理しています ...
man-db (2.6.7.1-1) のトリガを処理しています ...
zabbix-agent (1:3.0.2-1+trusty) を設定しています ...
 * Starting Zabbix agent zabbix_agentd                                                                       [ OK ] ureadahead (0.100.0-16) のトリガを処理しています ...
# 

で、設定。設定ファイル:/etx/zabbix/zabbix_agentd.confの変更箇所は

Server=127.0.0.1 → Server=192.168.89.47
ServerActive=127.0.0.1 → ServerActive=192.168.89.47
Hostname=Zabbix server → Hostname=syslog01

通常はこれだけでOK(なはず)ですが、今回は自動登録をするため下記の設定を/etx/zabbix/zabbix_agentd.confの最後に追加します。まあ公式のマルパクです。

HostMetadataItem=system.uname

ここまできたらzabbix-agentを再起動します。

# service zabbix-agent restart
 * Stopping Zabbix agent zabbix_agentd                                                                       [ OK ]
 * Starting Zabbix agent zabbix_agentd                                                                       [ OK ]
# service zabbix-agent status
 * zabbix_agentd is running
# 

サーバー側での設定

これも例によって公式からのパクリですがConfiguration → Actionsときて「Auto registration」を選び、Createボタンをクリックします。

cre

Name: Linux host autoregistrationを入力

c01

Conditions: Host metadata like Linux

c02

Operations: Link to templates: Template OS Linux

c03

この設定を終えてしばらくするとほれこの通り!サーバー側の再起動は必要ありません。数分待つだけです!

# tail -f /var/log/zabbix/zabbix_server.log 
  1047:20160505:054107.912 cannot send list of active checks to "127.0.0.1": host [Zabbix server] not monitored
  1045:20160505:054307.940 cannot send list of active checks to "127.0.0.1": host [Zabbix server] not monitored
  1045:20160505:054507.968 cannot send list of active checks to "127.0.0.1": host [Zabbix server] not monitored
  1053:20160505:054540.224 executing housekeeper
  1053:20160505:054540.230 housekeeper [deleted 0 hist/trends, 0 items, 0 events, 0 sessions, 0 alarms, 0 audit items in 0.004910 sec, idle for 1 hour(s)]
  1045:20160505:054707.995 cannot send list of active checks to "127.0.0.1": host [Zabbix server] not monitored
  1047:20160505:054907.023 cannot send list of active checks to "127.0.0.1": host [Zabbix server] not monitored
  1045:20160505:055107.052 cannot send list of active checks to "127.0.0.1": host [Zabbix server] not monitored
  1047:20160505:055247.226 cannot send list of active checks to "192.168.89.38": host [syslog01] not found
  1044:20160505:055307.080 cannot send list of active checks to "127.0.0.1": host [Zabbix server] not monitored
  1040:20160505:055341.510 enabling Zabbix agent checks on host "syslog01": host became available →見つかった!

QS_20160505-145510

今回はうまくいきましたね。次回はグラフの日本語化とphp-fpmの監視設定を追加したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大