pythonでGCPをいじる(準備編)

いやー。。。下記に沿っております。

Pythonクライアントライブラリの使用

CloudSDKのインストール

これはすんでいるので飛ばします。どういう入れ方をしたのか忘れましたが、うちではこんなところに入っています。

$ which gcloud
/home/me/src/google-cloud-sdk/bin/gcloud
$

 

gcloudコマンドで現在の対象プロジェクトを確認します。

$ gcloud config configurations list
NAME IS_ACTIVE ACCOUNT PROJECT DEFAULT_ZONE DEFAULT_REGION
default True **********@gmail.com project-*********** us-central1-c us-central1
$

一個しかないけど、場合によっては2つも3つもあったりするので確認しておいたほうがいいと思いますよ。

クライアントライブラリのインストール

マニュアル通りで。ちなみにrootではなく一般ユーザーで試しました。

$ pip install --upgrade google-api-python-client

サービスアカウントの作成

とりあえず役割はComputeインスタンス管理者(v1)にしておきました。見る度に役割増えていってるな。。。鍵を作ったら適当なところに保存しておきます。

/home/me/keyfiles/mysecretkey.json

変数の設定

GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALSという環境変数を設定しなければなりません。前にもどこかで見たなこれ。。。指定するのはさっきの鍵ファイルのフルパス名です。

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=/home/me/keyfiles/mysecretkey.json

 

ふと思ったんだが、サービスアカウント作るのであればgcloudの設定いらんような。まあいいや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。