ubuntuにawstats入れてみた | no news.

ubuntuにawstats入れてみた

binary-code-574727_640

このサイトはGoogle Analyticsを入れてるんですが、なんかロシアからのアクセスが増えてることに気が付きました。で、リファラを見てみるとilovevitaly.comだのdarodar.comだのよく分からないドメインが多い。調べてみたらリファラスパムというものだそうです。

アナリティクスでのリファラスパムを野鳥調査に例える(CO.LUMB, ECONOM, ILOVEVITALY,DARODAR)

全くよく考えるものだな。と思うと同時に生ログを活用しなきゃもったいないんじゃないかと思いました。今なら普通はここでfluentdという言葉が出てくるんじゃないかと思いますが、あれはよくわからんのでawstats入れてみました。

考え方的にはこちらのサイトを参考にしました。

AWS上のWebサーバのアクセスログをawstatsで解析する

自宅にあるawstats用サーバーからここのログを取りに行って、awstats用サーバーでチェックする形にしました。

構築にあたってはubuntuのドキュメントを参考にしました。

AWStats

内容的には設定することも少なく、サクサク進むかと思います。ただ一箇所だけ、apacheのreloadをしてaswtatsのURLにアクセスした時に503エラーが出ました。error.logを見てみると下記のようなことに。

[Sun Dec 28 13:37:08.472579 2014] [cgid:error] [pid 14272:tid 139978956863232] (22)Invalid argument: [client 192.168.89.150:56991] AH01257: unable to connect to cgi daemon after multiple tries: /usr/lib/cgi-bin/awstats.pl

どうもこれは、a2enmod cgiを実行した後に、apacheのreloadで済ましていたことが原因のようです。restartをしたら直りました。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大