こっそりツイート | no news.

こっそりツイート

ツイッターって意外と目立ちますよね。つぶやこうとするとブラウザでもアプリでもパッと見わかるんです。ああこの人は仕事中でもツイッターなんだなと。私はそれが嫌なのです。では如何にして人に知られずつぶやくか。ああそうか、ターミナルをいつも立ち上げてるからここからなら大丈夫だな。そんなことを思い、ぐぐってみました。

ありましたよ。btiというんだそうです。https://github.com/gregkh/bti

普通にaptでインストールできます。インストールが終わったら設定ファイルを作ります。指示通り~/.btiというファイル名で作成します。内容は

# Consumer key
consumer_key=cZy8DdioswAfu3LJYg6E2w
# Consumer secret
consumer_secret=fnIGGU0T12mMWKjmThUdSeKN32NLWfmnwapwubVQ

です。作り終えたら早速起動しましょう。

$ bti
Please open the following link in your browser, and allow 'bti' to access your account. Then paste back the provided PIN in here.
" class="blog-card-thumbnail-link" target="_blank" rel="nofollow">
PIN:

表示されている通り、なすがままに3行目に表示されたURLにアクセスしましょう。こんな画面になるので連携アプリを認証をクリックします。

twitter01

[easy_ad_inject_1]

PINが表示されます。よく見るとbtiを起動した画面でPINの入力街になっているので、コピーして入力します。

twitter02

$ bti Please open the following link in your browser, and allow 'bti' to access your account. Then paste back the provided PIN in here.
https://twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
PIN: 5455165
Please put these two lines in your bti configuration file (/home/user/.bti):
access_token_key=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
access_token_secret=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
$

ここまできたら言われるがままに、先ほどの~/.btiにaccess_token_key、access_toke_secretを追記しましょう。

ようやくつぶやく準備が出来ました。早速つぶやいてみましょう。btiコマンドを実行すると、tweet:と表示されて入力街になります。思いの丈をぶち込んでやりましょう。

$ bti
tweet: ああ、仕事するのやだなぁ
$
スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大