GlusterFSの検証環境 | no news.

GlusterFSの検証環境

環境

Raspberry piを6台使用し、それぞれにUSBメモリを増設している

ホスト名IPアドレス追加ディスクブリック備考
sv01192.168.89.30/dev/sda1(3.6GB)/expport/sda1/以下のディレクトリクライアントも兼ねる
sv02192.168.89.31/dev/sda1(3.6GB)/expport/sda1/以下のディレクトリ
sv03192.168.89.32/dev/sda1(3.6GB)/expport/sda1/以下のディレクトリ
sv04192.168.89.33/dev/sdb1(15.5GB)/dev/sdc1(15.5GB)/expport/md0/以下のディレクトリsdb1とsdc1でRAID1になっている→RAIDを構築した時の記事
sv05192.168.89.34/dev/sda1(3.6GB)/expport/sda1/以下のディレクトリ
sv06192.168.89.35/dev/sda1(16GB)/expport/sda1/以下のディレクトリ

/etc/hostsの設定

以下の様な記述を各サーバのhostsファイルに追記している。が、これは良くないらしい。自宅のテスト環境でDNS建てるのも面倒なので、今回はよしとする。

Basic Gluster Troubleshooting

Make sure to check the basics first:

  • Does nslookup show the expected values for the short, FQDN, and reverse lookup by IP?
  • I’ve said it before, and I’ll say it again – Make sure not to use /etc/hosts! Although there is nothing wrong with this in theory, there is no way to track the countless hours that have been lost troubleshooting things only to find out that one server had an errant entry in /etc/hosts.
pi@sv01 ~ $ cat /etc/hosts
127.0.0.1       localhost
::1             localhost ip6-localhost ip6-loopback
fe00::0         ip6-localnet
ff00::0         ip6-mcastprefix
ff02::1         ip6-allnodes
ff02::2         ip6-allrouters

192.168.89.30 sv01
192.168.89.31 sv02
192.168.89.32 sv03
192.168.89.33 sv04
192.168.89.34 sv05
192.168.89.35 sv06

pi@sv01 ~ $

        
スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする